英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

「日本人はどうして血液型の話題が好きなのか?」と聞かれたら、英語でこう答えよう


「日本人はなぜ血液型の話題で盛り上がるのか?」

と聞かれたら、このように答えてみてはどうでしょうか?

以下、高校の教科書を参照しました。
(啓林館コミュニケーション英語1)



It is true that Japanese people like to talk about blood type.
たしかに、日本人は血液型の話題が好きです。


We also like to judge people's personality by blood type.
血液型で性格を判断するのも好きです。


We just do this for fun .
ただ、遊びでそうしているだけです。


There are two possible reasons for this.
考えられる理由はふたつあります。


Firstly, most of us know our own blood type.
まず、ほとんどの人が自分の血液型を知っていること。


If you don't know your blood type, it is impossible to talk about it in the first place.
自分の血液型を知らなければ、そもそも話題にすることはできません。


In some countries including the U.S., people do not know their blood type.
アメリカなど他の国では、自分の血液型を知りません。


Secondly, the distribution of 4 blood types is relatively even in Japan.
次に、日本は、4つの血液型の分布が比較的均等だということ。


So it is easy to group people's personality into four categories by blood type.
だから、血液型で性格を4つにグループ分けしやすいのです。


In other countries, the rate for some blood types are very high or very low.
他の国は、血液型の比率が均等ではありません。


For example, in Bolivia, more than 90 % of the population has type O blood.
例えば、ボリビアでは、90%以上の人がO型です。


In such a country, grouping people's personality into four categories by blood type would be impossible.
そのような国では、血液型で性格を4つにグループ分けしづらいですよね。


Situations in South Korea are similar to Japan.
韓国は日本と似ています。


They know their own blood type, its distibution is relatively even and they talk a lot about it.
自分たちの血液型を知っていて、血液型の分布がわりと均等で、話題になりやすいのです。