英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

「日本の花粉症事情(背景)」を英語でざっくり説明する


It is said that more than 30 percent of Japanese people suffer from hay fever from February through April.
2月から4月にかけて、日本人の3割以上が花粉症になやまされると言われています。


During this season, the weather forcast tells you how much pollen will be in the air for the day.
この時期、天気予報はその日の花粉飛散状況を知らせます。


Symptoms are sneezing, runny nose and itchy eyes.
症状は、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどです。


After World War Ⅱ, the government planted lots of cedars and cypresses in the mountains to rebuild houses burnt down in the war.
政府は戦後、戦争で焼失した住宅再建のため、大量の杉やヒノキを山に植林しました。


However, thanks to the rapid economic growth, inexpensive lumber from southeastern Asian countries were imported and used for housing reconstruction.
しかし、急速な経済成長のおかげで、東南アジアの安い木材が輸入され、住宅再建に使われるようになりました。


As a result, cedars and cypresses keep growing without being cut down and giving off their pollen into the air.
この結果、杉やヒノキは伐採されることなく成長を続け、花粉を空気中にまき散らしています。


Pollen, combined with dust or particles from exhaust gas causes allergies.
花粉は、ほこりや排気ガスからの粒子と結合して、アレルギー源となります。


Former Tokyo Governor Ishihara once argued that the government was responsible for the disease bacause planting the trees was a national policy.
元東京都知事の石原氏は、植林は国策だったのだから国が責任を取れと主張したことがありました。


However, no measures have been taken so far.
しかしこれまでのところ、その対策は取られていません。


Incidentally, the argument that those who have developed hay fever are more advanced than those who haven't is not based on scientific evidence.
ついでながら、花粉症を発症した人の方が、そうでない人より進化しているという主張は科学的根拠に基づいていません。