英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

『TOEIC公式問題集』だけで900点(ベスト955)取った人の意外な使い方‼

 

『TOEIC公式問題集』を無理のない方法で活用して、955点までスコアを伸ばしました。

よかったら、ご参考に!

f:id:eigo-learner:20180219213935j:plain

 

 

 

小分け学習

これまで、問題集のTOEICテスト一回分を本番と同じように、一度に解いたことはありません。

公式問題集は、本番と同じ形式のテストが2回分収録されていますから、

本番のテストと同じようにいっぺんに200題を解いてしまうか、

1日目にリスニングを100題、2日目リーディングを100題解いて

答え合わせをする人も多いかもしれません。

 

この方法、私には向いていません。

 

この方法は、自宅でやることになるのでしょうが、自宅では本番と同じ緊張感が続きません。

 

伸びをしたり、コーヒーが飲みたくなったり、スマホをいじりたくなります。

 

もともと、

 

できればやりたくない!

 

ことをしているので、

 

何か逃れる方法はないかな…

 

なんて、上の空になってしまいます。

 

やりたくないこと(TOEICテスト)を、誘惑の多い環境(自宅)で、本番と同じ集中力で解け!

 

って無理なんですよ、私には…

 

でも、スコア900点はほしかったので、

 

小分けにしました。

超小分けです…

 

 

 

 

LとRをちょっとずつ組み合わせる

肝心なことは、ゴールにたどり着くことなんです。

公式問題集をスピーディーに終わらせることではありません。

 

ゴールとは、スコアを上げること!

 

なので、お恥ずかしながら、こんなにゆっくりやっていました。

 

まず、一日目、Part1。

さすがにこれは、全6問一日で終わりにしました。

(新形式の前は、5問ずつ、二日間に分けてやっていましたが)

 

でも、これだけじゃ、ちょっともの足りないので、Part5を5問くらい解いたりもしました。できる人はもっと進めてください、どうぞどうぞ。

 

ここポイントなんですが、

正解不正解にかかわらず、

英文はすべて音読しました!

音読って、問題を解くほど苦痛ではない!

ので、けっこう好きです。

音読は効果的ですよ!

身体に英語が染みつきます!

 

五感を使うと記憶に定着しやすいという実験結果があるそうです(VOAで聞きました)。

座っているより、立って音読した方が 効果があるような気がします(こちらは私見です…)

 

あと、

不正解のところは、✖をつけておきます。

正解したけれど、「カン」や「なんとなく」で正解したところは△をつけておきます。

どちらも、弱点=スコアアップが期待できるところです。

後日よーく見直ししましょう。

 

二日目以降。

Part2は25問。2~5日間かけてはどうでしょう?

前半はカンタンに思えても、後半はかなり難易度高めです。

不正解選択肢を注意深くチェックすると、面白いですよ。出題者の罠がこんなにクリアに見えるテストって、他にないんじゃないですかね?

Part5も5問くらい進めます。できる方はどんどん進めましょう。

もちろん、✖△つけて、音読

雑にならないように勉強しましょう。

雑にならない=真の理解

つまり、他者に解説できるように、です。

これは、斎藤孝先生がどこかで書いてしました。

 

別冊の『解答・解説』には、どんどん書き込みをして使い倒しましょう!

  

f:id:eigo-learner:20180219215126j:plain

 

その後も、リスニングとリーディングをちょっとずつ組み合わせて勉強していきます。これも欲張らずにいきましょう。私の場合、リスニングもリーディングも1~2題ずつです。 

 

私は、この『新形式』を解いていた時点では、900点をとってから5年はたっていましたし、955点に達してからは2年たっていて、問題を解くのはそれほど苦ではないのですが、それでも、できればやりたくない!という感じなので、ゆっくり、でも確実にやりました。

  

900点を目指すのであれば、

「他者に解説できる」

「質問されても答えられる」

まで、自分のものにしてください。

 

公式問題集は、貴重です!

一問一問、真剣勝負!

 

一期一会で向かい合ってきました!

 

無駄にしてはいけません!

 

スピードはどうする?

こんなにのろのろやって、

TOEICは時間との戦いだから最後まで解けないんじゃないか!?

 

と言われそうです。

 

たしかに、TOEIC(リーディング)は時間との戦いなので、

英文をスピーディーに読む力は絶対に必要です。

 

しかし、

それは他でやってください!

 

英文をスピーディーに読むには、

やさしいものを

大量に

読む

 

ことが必要です。

 

TOEICの問題は、

やさしくもないし、

大量とも言えません。

 

やさしいものを大量に読む

これは、NHKテレビ『ニュースで英会話』の伊藤サムさんのお言葉です。

 

洋書でもいいですし、英字新聞なら学生向けくらいでちょうどいいのではないでしょうか?

ついでに、楽しい読み物でないと、苦痛ですよね。

 

私は、英字新聞の記事なら、ある程度背景知識があったものの方がいいと思います。それと、社説や論説記事は、筆者が格調高い表現をわざと使っているようで、学習向きではないように思います。

 

私は、むずかしいことは苦手なんです…

 

最後は、英語の神様

こんな感じで勉強してきましたが、TOEIC本番には、なぜか実力を出し切れるというか、火事場のバカ力みたいなものを発揮できました。

 

本番には、本番にしか出せない集中力が出せる

 

のかな?

 

英語の神様が味方してくれるような気がします。

ぬり絵には縁がなく、たいてい1~2分残ります。

でも、見直しもできないくらい集中力を出し切ってしまったので、終了の合図を待ち、すがすがしい気持ちで帰ります!

 

ああ、明日からTOEICの勉強しなくていいんだ!

 

健闘を祈ります。

 

最新の公式問題集(ピンク)で傾向を探る↓ 

www.eigo-memo.com