英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

TOEIC直前対策!知らないと損する!ココがこう難しくなった!

TOEICの最新の公式問題集『公式TOEICListening&Reading問題集3』(グリーンの)を解いています。

現在、テスト1とテスト2のPart1、Part2、Part5を終えたところですが、

記憶(衝撃)が鮮明なうちに記録しておきます。

 

f:id:eigo-learner:20180223150716j:plain

 

 

 

Part1おなじみの英単語ばかり

 

Part1はテスト1もテスト2も、相変わらずいつもと同じ英単語が出てきます。単語レベルではPart1は変化(進歩)がないです。

 

手すり、階段、はしご、カート、ベンチ、レンガ、フェンス、植物、日陰、テーブル、いす、照明、モニター、棚

 

詳しく知りたい方はこちら↓ 

www.eigo-memo.com

 

ただ、テスト2第一問は動揺をねらった問題でした。

いきなり、選択肢Aで、

「彼女は hat を被っている」と。

 

f:id:eigo-learner:20180225114538j:plain

 

多くの受験者は「これは hat じゃない、cap だ」と思うでしょう。

しかし、B~Dの選択肢も微妙なんですね。

ここで受験者は、

「Aかな?でもこれ、 hat でいいのかな」と動揺しながらAをマークするか、

「これは hat じゃない。女性は機織りをしているから英単語の『アート』が含まれているCが正解だ」

と分かれそうです。

 

で、正解はAなんですね。

彼女が被っているのは hat でいいんですね。

中学では野球帽タイプは cap と習いましたが。

調べてみたんですが、hat は cap を含む帽子の総称らしいです。

 

それにしても、第一問の選択肢Aに、こんな問題入れてくるとは、ちょっと意地悪じゃないですか?

TOEICはそういう方向に進んでいると解釈して、こちらも対応を考えて行かなくてはいけません。

 

 

 

超ビックリのPart2

 

続いてPart2です。

Aさんが話しかけたり、質問したりして、Bさんは3通りの返答をする。正しい返答を選ぶ問題です。

 

これまでにもいわゆる「肩すかし問題」はありましたよね。Aさんが求めている情報をBさんから得られないケース」です。

 

例をわかりやすく日本語で。

Aさん

「研修はいつ始まるのですか」

Bさん

✖先月の売り上げ報告書です。

✖はい、初めて参加しました。

〇ホワイトさんが担当しています。

 

Aさんは「いつ研修が始まるか」の求めている情報をもらえず「肩すかし」を食らっていますが、他の選択肢がとんちんかんなので正解を選べます。

 

この「肩すかし問題」が最新の公式問題集にいくつあると思いますか?

 

ビックリの

25問中、11題(テスト1)

25問中、6題(テスト2)

でした。

 

実際の問題を日本語で見てみましょう。

 

テスト1.16.

Aさん

「私のプレゼンをどう思いましたか」

Bさん

✖いいえ、今回ではありません。

〇私は別の会議室にいました。

✖20ページの長さです。

 

Aさんはみごとに「肩すかしを」を食らっているばかりか、Bさんは冷たすぎます。せめて「あいにく」とか「残念ながら」とネイティブの人たちは言いますよね。会社の人間関係に影響を与えそうです。くれぐれも、TOEICワールドの住民たちの応答をマネしてはいけません。

 

テスト2.30.

Aさん

「誰が今月読書クラブの会合を計画する予定ですか」

Bさん

✖もちろん図書館です。

〇私は前回、それをしました。

✖それはベストセラーです。

 

ここでも、Aさんは求めている情報を得られませんでしたし、Bさんは「私はやったわよ!」ピシャッとはねつけているようで、Aさんが気の毒になってしまいました。リアルワールドでは、せめて「Well, Actually (えーっと)」などと言ってから「私はもうやったけど」くらいの社会性は必要でしょう。

 

この「肩すかし問題」ですが、対策としては、不正解選択肢がとんちんかんすぎる」を目安に「選ぶ」のではなく、「外していく」のがいいようです。

 

ぜひぜひ他の問題で練習してみてください。

本当に笑えるほど「とんちんかん」ですから。

こころのなかで、ツッコミを入れながら解いていくと、TOEICもなかなか楽しいですよ!

 

TOEICワールドの住民は、けっこうクールでシビアな人たちが多いようです。まだまだ観察が必要です。

 

また発見があったらシェアします。

 

最後までおつき合いいただきありがとうございました。

 

Hang in there !

 

www.eigo-memo.com