英検1級・TOEIC900点からのNHK語学

英語講師です。通訳案内士試験合格しました。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『阿寒摩周国立公園』

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

ニッポンぶらり旅

『阿寒摩周国立公園』

 

 

 

アキト「ベン!双眼鏡を置いてよ!」

ベン「でも、どうしてもキタキツネやエゾジカが見たいんだ」

「ずっとぼくが漕いでいるんだぞ。ベンの番だ!」

「あれ?あれはキツネかな?」

 

(ぼくはベン。今日、アキトとぼくは北海道東部の阿寒摩周国立公園に来ている。今、阿寒湖でカヌーに乗っているところ。楽しいんだけど、アキトは何か不満でもあるのかな?)

 

「ああ、もう腕がくたびれてきた」

「あー、この湖はきれいだなー。火山でできたなんて信じられない。カルデラっておもしろいね」

「おい、聞いてるのか?代わってくれないなら、怒りで爆発しちゃうぞ。火山みたいに」

「え?何か言った?」

 

(カルデラは地面にできた大きな穴のことだ。このカルデラは火山が噴火したときにできたんだ。この国立公園の3つの大きな湖、阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖はみんなカルデラだ)

 

「ベン、寒くなってきたね。(阿寒湖畔エコ)ミュージアム(センター)にマリモを見に行こう」

「ああ、あの有名なコケ玉のこと?湖で探してみようよ」

「それはできないんだよ。マリモはもっと向こうの方にあるんだけど、そっちには行っちゃいけないんだ。マリモは保護しないとね」

「ああ、残念だな」

 

(ちょっと悲しかったけど、アキトの言う通りだ。だからぼくたちはマリモを見にミュージアムに行った)

 

f:id:eigo-learner:20190407184947j:plain

 

「10月になると、マリモ祭りがあるんだ。ミュージアムの中で育ったマリモは湖に戻される」

(ベンは黙っている)

「ベン、どうした?」

「これって藻なんだろ?どうして藻がボールみたいな形になるの?」

「えーっと、マリモはね、髪の毛みたいな藻でできているんだ。水の中で細かい藻が集まって、小さなボールみたいになるんだ。直径30センチにもなる大きなマリモもあるんだよ。ねえ、ベン。ぼくたちマリモみたいだと思わない?」

「へっ?どういうこと?」

「ベンとぼくが集まってA&Bっていう大道芸の二人組だろ?だから一緒に成長しているんだよ、大道芸人として」

「ああ、そうか。でも、ずっと一緒にいられるかわからないよ」

「何だって?」

 

(マリモを見た後、ぼくたちはアイヌ・コタンというところに行った)

 

「アイヌの人たちは、ずっーと前から北海道に住んでいるんだ。彼らの文化は、ぼくたちの文化とまったく違うんだよ」

「そうなの?どんなふうに?」

「えーっと、まず言語が違う。アイヌは人、コタンは村という意味なんだ」

「どうやって書くの?」

「アイヌの人たちは文字を持たないんだ。歴史や文化、思想を子どもや孫たちと共有するために、語って伝えるんだ」

「わー、覚えることがいっぱいだね!」

「そうだね。アイヌ・コタンに行くと、伝統的なアイヌ踊りが見られるよ。芸を磨くのにきっと役立つよ」

「それはいいね」

 

(北海道はとても大きい。知らなかった自然や文化でいっぱいだ。もっと長くいたいな) 

 

f:id:eigo-learner:20190407185124j:plain

 

 

ベン、なんか意味深なこと言ってた…

明日は『ウサギとカメ』です。和訳はお休みします。でも、ちゃんと聞きます、勉強します!