英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英語講師です。英検1級TOEIC900点(ベスト955)。NHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『枕草子』第1部

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

『枕草子』第1部

 

 

 

春はあけぼの

 

春、最も美しいのは明け方である。日の出とともに、山の向こうの空がだんだん明るくなっていく。長くて細い雲は、明るいむらさき色となり、見事な景色でもある。

 

f:id:eigo-learner:20190404162637j:plain

 

夏、もっとも美しいのは夜である。月が出ているとなおよい。だが、月のない夜空に、暗闇の中を蛍があちこち飛んでいるのも趣がある。蛍が一匹、二匹暗闇の中を飛んでいるか弱い光もよいものだ。夏は、夜に降る雨もまたよい。

 

秋、最も美しいのは夕方である。空は赤く染まり、山の向こうに日が沈みかけると、巣に帰る三、四羽のカラスを見かける。一羽、二羽のときもある。しかしその様子はなんとも胸に迫るものがある。野生の雁が遠く、一列に飛んで行くのもまた美しい眺めである。あるいは、すっかり日が落ちてからの風の音、虫の音など言うに及ばない。

 

冬、最も美しいのは早朝である。雪が前の晩に降っているのも美しい。しかしまた、霜で真っ白になった地面もすばらしい。

しかし、雪や霜がなくとも、冬は早朝がよいと感じられる。みな、そのような肌寒い朝に急いで火を起こす。そして、火鉢用の熱くなった炭を持って部屋から部屋へ急いで回る。たいへん冬らしい眺めである。しかし、早朝の厳しい寒さも昼ごろにはなくなり、火鉢の炭も白い灰ばかりになり、しらけてしまう。

 

心躍らせるもの

 

心を躍らせるものとは。小鳥を飼うこと。赤子と遊んでいる者たちの横を通り過ぎること。香をたいた部屋で一人横になること。

 

f:id:eigo-learner:20190404162818j:plain

 

異国からの曇った鏡をのぞき込むとき。高貴な方が牛車を止め、使いの者に何か言いつけているのを見かけるとき。

髪を洗うとき、化粧をするとき、そして、香を焚きしめた着物にそでを通すとき。着飾っているさまを誰かに見られなくとも、心は踊り、よい気分になる。

愛しい人を待っているときの雨の音、風で家がカタカタ鳴る音など。これらの音に胸は高鳴る。

 

 

春は英語、夏のころもさらなり。あきずにゆるく学びもてゆけば、冬のころにはたくみなるべし。