英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英語講師です。英検1級TOEIC900点(ベスト955)。NHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『私の顔』

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

オリジナル・ショート・ストーリー

『私の顔』 

 

 

 

真理(4月の寒い日。私はファッション・デザイナーを目指す学生。クラスメイトを見かけたので、声をかけた)

 

真理「おはよう!」

友だち「おは…よう…。あれ?知り合いかしら?」

真理「私よ。真理!」

友だち「真理?いつもとちがうわね。マスクしてニット帽かぶってるから。眼鏡だって見えないし」

真理「うーん、今日すごく寒いわね」

友だち「誰にもわからないわよ!顔が見えないと」

真理「どうでもいいのよ」

友だち「そうなの?」

真理「誰も顔なんて気にしないわよ。私は有名なファッション・デザイナーになりたいだけ。世界中の人が私のデザインを知ってくれたら、私の顔なんて知る必要もないわ」

友だち「でも、もし他の人がマスクをつけて帽子をかぶって眼鏡をかけて、私は有名なファッション・デザイナーですって言ったら?」

真理「うーん」

友だち「デザイナーの顔は大切よ、真理。顔があなたなんだから」

 

真理(友だちの言葉を聞いて、父を思い出した。父は数年前に他界した)

 

「どうした、真理?なんで泣いているんだ?」

真理「お父さん、私がお誕生日にあげた帽子、ちっともかぶってくれない」

「ときどき被っているよ、とても気に入っているんだ」

真理「うそ。好きじゃないんでしょ。家の周りでしか被ってないもん」

「そりゃそうだけど。でも、プレゼントはとても気に入っていよ」

真理「じゃあどうしてもっと被らないの?」

「真理、お父さんの顔を見てごらん。ひげがあるだろ?」

真理「うん」

「ひげが顔を隠しているんだ。だからみんな、お父さんのことをこの髪型で覚えているんだ。帽子を被ると髪が見えなくなってしまう。だから帽子を被っていると、みんなお父さんだってわからないんだよ」

 

f:id:eigo-learner:20190402165930j:plain

 

真理「えーっ。じゃあ、ひげを剃ればいいじゃん」

「ハハハ、このひげは真理が赤ん坊のころから生やしているからねぇ。ひげがないとみんなに誰かわかってもらえないよ」

真理「じゃあ、私の帽子被れないってこと?」

「うーん。そうだ!真理がお父さんと並んで歩けばいいんだ」

真理「は?」

「お父さんの横に真理がいれば、父さんの友達はすぐにわかる、帽子を被っていても」

真理「どうして?」

「真理は父さんにそっくりだからさ」

真理「お父さん!私、ひげ生やしてないよ!」

「顔にひげを描いてあげよう」

真理「やだ!」

 

真理(その通り。私の顔は父にそっくり。十代のころはそのことがいやだった。顔を変えようと、濃いメイクをしたり、髪型をいろいろ試してみた。でも、今はあまり気にならない。これが私だもの。次の日、また友だちに会った。)

 

真理「おはよう」

友だち「おはよう。あら、真理。真理なの?」

真理「そう、私よ。これが私の顔」

友だち「わかるわよ。眼鏡はどうしたの?あと、マスクと帽子は?」

 

f:id:eigo-learner:20190402170030j:plain

 

真理「コンタクトレンズにしたの。それにマスクと帽子はやめたわ」

友だち「とてもいいわよ」

真理「ありがとう。この方が、みんな私の顔を覚えてくれる。だから、誰も私のデザインを盗むことはできないわ」

友だち「その通り」

真理「でも、まずは、すっごく素敵なデザインをしないとね」

 

 

髪型で覚えている人…。たとえば、ロッチ中岡さん⁉ 髪型変えて眼鏡はずしちゃえばわからないなー、きっと。