英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

専業主婦、好き=英語を仕事に生きていく

 

好きを仕事にしたい

 

長いこと専業主婦でした。子どもに手がかからなくなると、パートに出るお母さんたちも多くなりました。

そんな中、私はパートに出ることに気が進まなかったんです。もともと新しい環境に慣れるのに時間がかかり、小さなことが気にかかるタイプなので、パートとはいえ、仕事と家事と子育てをうまく切り回せる自信がありませんでした。(気持ちの上だけの)完璧主義に近い性格かもしれません。

 

子どもが学校に行っている間、ただぼーっとテレビを見たり、ネットで自分探しするのにも飽きました。そこで、なんとなく気になっていた、やり残していたことに着手することにしました。

①断捨離

②英語の勉強

 

①はここでは省略。

②の英語は、前々からちょっとは勉強していて、いつか英語を教える仕事をしたいと思っていました。NHKの語学講座を聞いたり、週刊の英字新聞を読んだり。

ただ、「ちょっと刺激がほしいなぁ」と思い、英会話スクールに行ってみることにしました。

 

 

 

英会話スクール

 

昼間のクラスには、私のような主婦の方が多かったです。ばくぜんと「英語を教える仕事をしたい」と言っていました。英検やTOEICを定期的に受けている主婦の方もいて、おおいに刺激を受けました。

そのときの私の英語のレベルは、10年以上前に取った英検準1級とTOEIC905でした。どちらもかなり時間がたっていたので、実際にはそのレベルにはなかったと思います。

どうせなら、英検1級とTOEIC990を目指そうと思いました。まわりには同じく「英語を教える仕事をしたい人たち」がたくさんいたからです。それに、長いブランクを経て社会に出るからには、それなりの「武器」が必要だと考えたからです。

同じ目的を持った仲間が見つかったことで、私はますます勉強に身が入りました…と言いたいところですが、これがそうでもありませんでした。

レッスンの後の「お茶」のお誘いが次から次へと。やがて、ランチや映画のお誘い、忘年会…。

気が付くと、まわりの人たちは「求人情報」には詳しいのですが、それを射止めるための勉強にはあまり熱心ではなくなってきていました。

「お茶」もたいてい3~4時間も。最初は勉強や求人情報の交換でしたが、やがて、愚痴、噂話…へと変わっていきました。これがストレスとなってきたので、私は思い切ってクラスを替えました。

 

 

 

勉強に仲間はいらない

  

新しいクラスで同じ失敗はしたくなかったので、レッスン後はまっすぐ家に帰りました。このころ猛烈な勢いで勉強しました。

正直に言いますと…。

勉強仲間とお茶しながら、彼女たちにたいして腹が立ってきたのです。「英語を教える仕事をしたい」くせにそのための勉強はしないなんて、ずるい、と。

でも、本当はちがうんですね。私は私自身に腹を立てていたのです。ラクな方へ流されていく自分、みんなとおしゃべりして楽しければ英語なんてもういいや、と思ってしまう自分…。

そしてその先のこともよくわかっていました。楽しければいいや、と無理に自分に言い聞かせて、また数年後には「あの時、ちゃんと勉強しておけばよかった」と後悔する自分…。

そうなりたくない一心で勉強しました。

 

英検1級に挑戦

 

英検1級の一次試験にパスしたとことろで、母の余命宣告。突然のことでした。二次対策どころではなく、正気を保つのさえ困難でした。二次試験の会場で、この瞬間に母が逝ってしまわないように願うばかりでした。

奇跡的に二次試験もパスできました。合格通知が届いた翌日、母は旅立っていきました。

いつまでもあると思うな親と時間、ですね。私はこの時を逃したら、もうこんなに集中して勉強できる機会はなかったかもしれません。喪失感を抱えたまま、TOEICの勉強も続けましたが、955点に達したところでもう限界でした。

 

好き=英語だから

 

母を亡くして、4か月後、英語教室の採用試験を受け、採用となりました。

採用されて、小学生と高校生、大人のTOEIC500点のクラスを担当しました。ブランクが長かったので、最初は授業に出るのが怖くて怖くて仕方がありませんでした。「なんで仕事なんか始めちゃったんだろう…」なんて。(今はずいぶん図太くなりました)

 

結局英会話スクールには4年間通いました。45~50万円くらいの出費でした。でも仕事をするようになってあっという間に元を取りました。

 

今も英語教室で働いていますが、自宅でも教えるようになりました。通勤の手間が省けて、快適です。

振り返って、あのとき英検1級を取ってよかったと思っています。準1級でも仕事はできそうですが、教育熱心なご家庭のお母さんだとそれくらい持っている人もいますから、やりにくいかな…と思います。

 

 

なにかご参考にでもなればと思い、書いてみました。

  

  

英検準1級を取ろう!↓ 

www.eigo-memo.com