英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『赤い蝋燭と人魚』第3話

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

赤い蝋燭と人魚 第3話

 

 

 

赤い蝋燭と人魚 第3話

 

南からやってきた欲深い商人は、美しい人魚のことを聞いていました。ある日、商人は老夫婦の家に行き、言いました。

「人魚を売ってくれませんかね。謝礼はたっぷり払いますよ」

 

「あの子を売るだって⁉ ばかなことを言うんじゃない」

「あの子は神様からの贈りもの。売ることなんかできないよ。そんなことをしたらばちが当たる」

 

老夫婦は断りましたが、商人は何度も老夫婦を訪ねてきました。

「知らないのですか? 人魚は縁起が悪いんですよ。いつまでも人魚と暮らしていると、きっと悪いことが起こるでしょう」

 

老夫婦は、商人の言う縁起の悪い話を信じるようになりました。それに、たくさんの金も手に入れることができます。老夫婦は欲に負けました。商人に人魚を売る約束をしてしまったのです。

 

商人はうれしそうに言いました。

「すぐに人魚を引き取りに来ますよ」

 

f:id:eigo-learner:20180823161538j:plain

 

これを聞いた人魚はショックを受けました。おとなしくてやさしい人魚はこわくなりました。家を遠く離れて、熱い南の地に行きたくありませんでした。人魚は老夫婦に泣きついて言いました。

「もっと一生懸命働きます。どうか私を売らないで、知らないところへ行かせないでください」

 

老夫婦の心は石のように冷たくなってしまいました。人魚の言うことを聞こうともしませんでした。人魚は自分の部屋に行き、戸を閉めました。人魚は部屋にこもって一日中ろうそくの絵を描きました。

 

月の明るいある晩、人魚は一人座って、波の音を聞いていました。この先のことがこわくなり、悲しくなりました。そのとき、波の間から、何かが呼び掛けているのが聞こえたように思いました。人魚は窓のところへ行き外を見ましたが、そこにはとても青い海があるだけで、水面には月が明るく輝いていました。

 

人魚は座ってまた描き始めました。ちょうどそのとき、外で音がしました。商人が来たのです。商人は荷車を持ってきていました。荷台には、鉄製の四角い檻が載っていました。商人が、トラやライオンやヒョウを運ぶのに使っていた檻でした。商人にとっては、人魚も同じ、海の動物にすぎなかったのです。

 

f:id:eigo-learner:20180823161620j:plain

 

人魚はこのことを知りませんでした。知っていたら、どんなに驚いたことでしょう。人魚がまだろうそくの絵を描いていると、老夫婦が部屋に入って来ました。

 

「時間だ。行きなさい」

 

人魚は絵を仕上げる時間がなかったので、ろうそくを全部赤く塗ってしまいました。悲しい思い出に、赤いろうそくを数本残していきました。

 

静かで穏やかな夜でした。老夫婦は戸締りをして寝ました。

 

しばらくして、真夜中のことでした。老夫婦は誰かが戸を叩くのを聞きました。いったい誰だろうと思いました。

 

「どなたですか?」

 

 

「あかいろうそくとにんぎょ」は、『小学1年生〇月号』で読みました。小学1年生には、あの檻がショックでした…。それまで、「おむすびころりん」とか「うらしま太郎」ぐらいしか知らなかったので…。