英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『一房の葡萄』第1話

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

『一房の葡萄』第1話日本語訳 

 

 

 

 

一房の葡萄 第1話

 

子どものころ、私は絵を描くのが好きでした。

私の学校は横浜の山の手というところにありました。外国人も多く住んでいて、ほとんどの先生は外国人でした。学校へ通う道沿いには、ホテルや外国の企業がたくさんありました。

通学路は真っ青な海のそばで、見渡せばたくさんの船が見えました。船の煙突からは煙が出ていて、その国々の国旗が高く掲げられていました。

 

f:id:eigo-learner:20180705095549j:plain

 

それは色あざやかな光景でした。あざやか過ぎて目が痛くなるほどでした。

私はいつも見た通りに、そのあざやかな景色を明るく美しく描こうとしました。でも私の絵の具の青は、私が見た青と同じではありませんでした。赤もそうでした。この2つの色が、私の絵の具と同じに見えることは決してありませんでした。

 

ある日、私は海外から来た友だちのことを思い出しました。彼の名前はジムで、外国人でした。ジムはとてもよい絵の具を持っていました。それは12色で、軽い木箱に入っていました。どの色も美しかったのですが、赤と青は特にきれいでした。ジムは2才年上で、私よりずっと背の高い少年でした。

 

f:id:eigo-learner:20180705095651j:plain

 

ジムは絵が上手ではありませんでした。でも、その絵の具を使うと、彼の下手な絵はずっと見栄えよくなりました。私はねたんでいました。私がその絵の具を使ったら、私の絵はどうなるだろうと想像していました。

その日から、ジムの絵の具がほしくてたまらなくなりました。

 

ついにそのことが起こったのですが、いつだったか覚えていません。秋だったことは確かです。葡萄が熟していたのは覚えています。

 

ある晴れた日、私たちはいつものように先生と弁当を食べました。だれもが美しい秋の天気を楽しんでいました。でも、私はくつろいだ気持ちになれませんでした。私の心は晴れやかな天気とはうらはらに、悲しく暗い気持でした。ジムの絵の具のことで頭がいっぱいでした。彼の絵の具がどうしても欲しくて仕方がなかったのです。

 

そのころ私は、かわいらしい少年でした。しかし、身体は弱く、気の小さい少年でした。恥ずかしさのあまり、思っていることが言えず、友だちも多くはありませんでした。

 

ある日の昼食後、クラスの仲間たちは外へ遊びに出ました。私は教室に残りました。悲しくて暗い気持ちだったからです。外は太陽が輝いていました。でも教室は私の気持ちと同じように暗いままでした。

私は席に着いたまま、ずっとジムの机を見ていました。彼の机を開けることを想像していました。本とノートと、あの木箱がある…。中には青と赤の絵の具が入っている…。

 

f:id:eigo-learner:20180705100033j:plain

 

私は顔が赤くなるのを感じて、ジムの机から目をそらしました…でも、ほんの少しの間だけでした。ジムの机を見ずにはいられませんでした。

 

 何でしょう? この作品に感じる既視感のようなものは…。

この独白調に秘密があるのでしょうか。

 

 

お知らせ

7月15日㈰、このブログの http https に変更します。

変更後も、今まで通りよろしくお願いします。 

 

www.eigo-memo.com