英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『一房の葡萄』第3話

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

『一房の葡萄』第3話

 

 

 

一房の葡萄 第3話

 

先生は私たちを見て少し驚いたようでした。それでも先生は、ショート・ヘアに右手をやってから、いつの通りのやさしい表情で私たちを見ました。そして、何かあったのですかとでも言うように、首をかしげました。

 

f:id:eigo-learner:20180719162024j:plain

 

そのとき、身体の大きい優秀な少年が一歩前に出ました。そして、ぼくがどうやってジムの絵の具を盗んだかをすべて話しました。

先生の顔は一瞬曇り、それから私たちを真剣な表情で見つめました。先生にまっすぐに見つめられた時、私は泣きそうになりました。先生は「本当ですか?」と尋ねました。

それは本当でした。でも、大好きな先生に私の悪い行いを知られたくはありませんでした。私は先生の質問に答えるかわりに泣き出してしまいました。

 

先生はしばらく私を見て、級友たちに向かって静かな声で言いました。

「みなさんはもう行っていいですよ」

級友たちは不満そうに、ぶつぶつ言いながら階段を下りていきました。

 

みんな行ってしまっても、先生は何も言わず、私の顔も見ず、指の爪を見ているだけでした。しかし、静かに私のとなりに来て、私を抱きよせました。そして静かな声で尋ねました。

「絵の具は返しましたか?」

返したことを先生に伝えたくて、私は大きくうなずきました。それから先生は言いました。

「これは誇れることではありませんよ。わかっていますね?」

これを聞いて、私は後悔の気持ちでいっぱいになりました。唇がふるえないように、じっとかみしめると、涙があふれてきました。先生の腕の中で死んでしまいたいと思いました。

 

「もう泣かないで。わかりましたよ。次の授業は出なくていいから、この部屋でお待ちなさい。私が戻ってくるまでここにいるのですよ、わかりましたか?」

 

先生は私をソファに座らせました。それから窓の外に腕を伸ばし、葡萄のつるから一房の葡萄を取りました。先生はそれを私のひざにのせると、静かに部屋を出ていきました。私はまだ泣き続けていました。

 

f:id:eigo-learner:20180719162118j:plain

 

大好きな先生をがっかりさせてしまった。そう思うと気持ちが沈みました。葡萄を食べる気にはなれず、ひたすら泣きました。

 

誰かに肩をかるく揺すられて、私は目を覚ましました。私は先生の部屋で眠ってしまったのです。先生は私に微笑んでいました。私も少しだけ微笑みかけて、あわてて葡萄を引き寄せました。葡萄がひざから落ちそうだったのです。そして、自分のやったことを思い出しました。私の笑顔はすぐに消えました。

 

「そんなに悲しそうな顔をしないで。みんな帰りましたよ。あなたもお帰りなさい。それから、明日はどんなことがあっても学校に来なければいけません。明日あなたの顔が見えないと、先生はとても悲しくなります。きっと来るのですよ。わかりましたか?」

 

f:id:eigo-learner:20180719162213j:plain

 

先生はそう言って、私のかばんに葡萄を入れました。

 

 

ラジオ・ドラマっていいですね。この音楽がまた何とも言えないノスタルジーを醸し出しています。もう、英語の勉強というより、文学鑑賞です!