英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『広島』

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

広島

 

 

 

広島

 

ベン「みなさま、ありがとうございました」

アキト「ぼくたちのショー、お楽しみいただけましたでしょうか。A&Bでした!」

 

ナレ(ベン

ぼくはベン。今日、アキトとぼくは広島にいる。ここは観光客がいっぱいだ。

 

「アキト、次どこ行く? 宮島に行ってみようか。世界遺産だよね」

「ああ…」

「それとも野球を見に行く? ここのチームはすごく人気があるって聞いたよ」

「実は、行きたいところがあるんだ」

「それ、どこ?」

「うーん、近くなんだ」

 

ナレ(ベン

アキトは真面目な顔をしていた。歩き始めたので、ぼくもついて行った。すぐに小さな石碑があるところに着いた。

 

f:id:eigo-learner:20180826210803j:plain

 

「これは何?」

「原爆で死傷した人たちの記念碑なんだ」

「平和公園にあるアーチが記念碑だと思ってたよ」

「広島市には、ほかにも記念碑がたくさんあるんだ。これはぼくのおばあちゃんが行っていた女学校の石碑なんだ」

「アキトのおばあさん?」

「あれ、言わなかったっけ? 広島出身なんだ」

「そうなの? 知らなかった!」

「子どものころ、毎年8月6日におばあちゃんとここへ来ていたよ。おばあちゃんの学校の700人近くの生徒が亡くなったって記してある。他のどの学校より多かったんだ」

「そんな悲しいことが…」

 

ナレ(ベン

その石碑には、三人の少女の姿が刻まれていた。

「真ん中の少女は箱を持っているね。箱にE=MC²って書いてあるけど。なんで?」

「E=MC²は原子力エネルギーを製造するのに使われた化学式なんだ。その化学式はアインシュタインの相対性理論から来ている。毎年おばあちゃんはこの石碑の前でお祈りしてた。いつも泣いていたよ」

 

f:id:eigo-learner:20180826211129j:plain

 

「今でも広島で暮らしているの?」

「5年前に亡くなったんだ」

「それは、残念だったね」

「大道芸人になろうって考えていたとき、おばあちゃんだけが夢を追いなさいって言ってくれた。他のみんなは、会社に入って働けって。おばあちゃんは言っていたよ。『アキト、みんなを笑顔にできたら、世界はもっと平和になる』って。ま、そんなに簡単なことじゃないけどね。でも、苦しいときはいつもおばあちゃんの言葉を思い出すんだ」

「アキト、なんでもっと前に話してくれなかったの? 8月6日に来れたじゃないか」

「日にちはそんなに重要じゃないんだ」

「どういうこと?」

「8月6日は恐ろしい日だった。でも、そのことを他の日にも考えなくちゃいけないんだ。おばあちゃんがそう言ってた」

「そうか、わかった。おばあちゃんのお墓参りにも行く?」

「明日行こうと思ってる」

「一緒に行ってもいいかな?」

「いいけど、そんなおもしろいものじゃないよ」

「それはいいよ。お祈りして、ごあいさつするんだ」

「ありがとう」

「おっと、暗くなってきた。今夜泊まるところを探さないと」

「今夜はうちに泊まろうか」

「それはいいね! じゃあ、ご両親に電話しないと。そうすればごちそうを用意してくれるかもよ」

「大丈夫だよ、ベン。もう電話したから」

 

f:id:eigo-learner:20180826211210j:plain

 

 

いつも今日一日の無事をおじいちゃんに報告してから寝ます。会うことのできなかった、シベリアで戦死したおじいちゃん。34才でした。