英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『高野山』

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

『高野山』

 

 

 

 

高野山

 

アキト「ベン、いつになったら着くのさ? ケーブルカーに乗るなんて言わなかっただろ!」

ベン「もうすぐだよ」

 

f:id:eigo-learner:20180709103856j:plain

 

ナレ(アキト

ぼくはアキト。ベンとぼくは、ちょうど今、和歌山県の山奥に来ている。大阪に行く前に、ベンがここに来たがってたから。ぼくたち、どこへ行くんだろう…

 

「ここは高野山駅だよ。ここからバスに乗るんだ」

「高野山に来てるの? ここはふらっと1時間見に来るような場所じゃないよ! 何日も滞在するところだよ」

「でもさ、やっぱり来なくちゃ。関西の観光スポットだからね」

 

ナレ(アキト

ベンは本当に寺院や神社が好きなんだ。それで高野山に来たかったのか。

 

「どうして空海のような高僧が、大きな町から遠く離れた山奥にお寺を建てたんだろう?」

「それは有名な話だよ。空海は中国で2年間修行したんだ。日本に帰るときにになって、どこにお寺を建てるべきかわからなかった。そこで中国を発つ前に、三鈷(さんこ)っていう仏具を海のむこうの日本に向けて投げたんだよ。それが高野山の松に引っかかったんだ。だからここにお寺を建てたんだって」

 

f:id:eigo-learner:20180709103952j:plain

 

「本当? はるか彼方の中国から投げたなんて信じられないよ! しかも、それをどうやって見つけたのかな?」

「ま、古い言い伝えだからね…。とにかく、バスでどこに行くの?」

「決まってるだろ、お寺だよ」

「あのさ、実はここ、もうお寺なんだけど」

「は? どういうこと?」

「この山全体が大きなお寺みたいなものだよ。だからもうお寺にいるわけ」

「そうなの? ぼくの地図にはたくさんお寺が載ってるんだけど」

「そのお寺はみんな空海の弟子が建てたんだよ。お寺は117ある」

「なるほど。じゃあ、どこへ行こう?」

「そうだな、この山の中心の建物は金堂っていうんだ。あと、金堂の横の根本大塔は高野山のシンボルだよ」

「いいね!そこ、行こう!」

 

f:id:eigo-learner:20180709104105j:plain

 

ナレ(アキト

ぼくたちは金堂の近くでバスを降りた。

 

「見てよ! 商店街だ。学校もある!」

「高野山には約2,300人が住んでいるんだ」

「へえー! てっきり神聖な仏教の修行の場だと思ってたけど、町でもあるんだ。たしかに1時間じゃすべてを見ることはできないなー」

「最初から、ここにはもっと長くいるつもりなんだろ?」

「うーん、まあね。実は宿坊に予約しておいたんだ。2~3日かけて高野山をエンジョイしよう!」

「いいよ。でも次は大阪に行くよ!」

「わかってるって。あー、ワクワクする! 奥の院のナイト・ツアーがあるって読んだよ。空海は今もそこで生きていると信じられているんだって」

「ナイト・ツアー? なんかこわいな…。それに、ベンに仏教のことを英語で説明するなんてぼくにはできないし…」

「大丈夫。英語が話せるお坊さんが案内してくれるから。それにぼく、もう仏教のこと何でも知ってるよ。そうだ、ぼくここのガイドになれるかも!」

 

 

ベン、自由すぎる!いいなぁ~!