英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ日本語訳『浦島太郎』

 

エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

日本の昔話『浦島太郎』日本語訳

 

 

 

 

昔々、海辺の小さな村に、浦島太郎という青年が住んでいました。

ある日太郎が海辺を歩いていると、数人の子どもたちが棒で子ガメをたたいているのを見つけました。

 

f:id:eigo-learner:20180626152952j:plain

 

太郎はいじめっ子たちからカメを取り上げ、海に放してやりました。太郎はカメが沖の方へ泳いでいき、見えなくなるまで見守っていました。太郎はカメが元気そうでよかったと思いました。

 

数日後、太郎がまた海辺を歩いていると、急に大きな海ガメが近づいてきて言いました。

「先日は息子を助けていただき、ありがとうございました。竜宮城へお招きしたいと思います。竜宮城は海の底にあります。お連れしますので、私の背中に乗ってください」

 

f:id:eigo-learner:20180626153113j:plain

 

太郎がカメの背中に乗ると、海深くもぐって行き、竜宮城へ着きました。竜宮城では美しい女性が太郎を出迎えました。おとひめ様です。

 

竜宮城では太郎のために、たくさんの種類の豪華な食事が用意されました。太郎が食事をしている間、色とりどりの魚たちが踊りを披露しました。

 

おとひめ様は太郎を特別な部屋へ案内しました。戸を開けると、部屋の中は春でした。ピンクの花をつけたたくさんの桜の木がありました。部屋の反対側には、別の戸がありました。その戸の後ろは夏でした。草木が青々としていました。次の部屋は秋でした。木々の葉が、燃えるような赤い色をしていました。最後の部屋は冬でした。雪が降っていて、太郎は雪を手にとってみました。

 

太郎は楽しい時を過ごしました。しかし、太郎はおとひめ様に言いました。

「いろいろありがとうございました。でも、もう帰らなくてはいけません」

おとひめ様は言いました。

「わかりました。思い出に、この玉手箱を差し上げましょう。でも、決して開けてはいけませんよ」

 

大きな海ガメが太郎を浜辺まで連れて帰りました。しかし、太郎は村が変わってしまっていることに気づきました。家を探したのですが、そこにはちがう家が建っていました。人々もみんなちがって見えました。太郎はこわくなって、道行く人に尋ねました。

「この近くに浦島一家は住んでいますか?」

その人はしばらく考え込んでから言いました。

「ああ、そんな名前の家族が100年くらい前にここに住んでいたと聞いたことがあるよ」

 

太郎はびっくりして、どうしていいかわかりませんでした。浜辺に戻って考えることにしました。太郎は歩きながら、おとひめ様がくれた玉手箱を思い出しました。太郎は

「玉手箱がなんとかしてくれるかもしれない」

と思いました。

 

太郎は、おとひめ様の「決して開けてはいけません」という言葉を忘れていました。箱を開けると、中から白い煙が出てきました。

煙が消えると、太郎は髪の毛が白くなっていることに気づきました。太郎は白いひげのおじいさんになってしまいました。

 

f:id:eigo-learner:20180626153222j:plain

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

『浦島太郎』の日本語訳はサボろうかな、とちょっと思っていたんですが、書いてよかった~!