英検1級・TOEIC900点でも英会話は苦手

英検1級TOEIC900点(ベスト955)、苦手の英会話をNHK語学で学習中。

『英会話タイムトライアル』スティーブ・ソレイシィさんの「英語が話せる人」とは?

 

NHKラジオの『英会話タイムトライアル』を聞いています。テキスト4月号から、講師のスティーブ・ソレイシィさんのメッセージを紹介します。

 

 

 

英語の不正解とは?

 

私が『英会話タイムトライアル』で学習しているのは、英語の瞬発力を身につけたいからです。どんなに長く英語を学習していても、TOEICのスコアが高くても、口から英語が出てこないようではダメなのです。

スティーブさんは「この講座における不正解とは、制限時間内に英語が口から出てこないことです」と述べています。

 

ちょっと、トライしてみましょう。すぐに英語で(文章で)言ってみてください。

「私の傘です」

正解は、

This is my umbrella.

です。

でも、

It's my umbrella.

This umbrella is mine.

That's my umbrella.

も正解です。

「主語は This かな? That かな?」と迷うより、言ってしまったほうがいいんです。そうしないと制限時間内に言えないのでこの講座では「不正解」になってしまいます。

 

では、もう一問。

「初めてです」(文章で

正解は、

It's my first time.

It's the first time.

This is my first time.

などですが、ちょっとひねって、

I've never done it before.

「やったことはない」

も正解です。

 

スティーブさんはよく「正解は一つではない」「〇〇でも通じます」と言います。これはとてもありがたいです。

私は、どうしても「正しい英語を話したい」という思いが強すぎて、英語が出てこないときがあるんです。(とくに冠詞。これはまた別に本など勉強中なのですが)。完璧な英語なんて目指していたらいつまでたっても口から英語が出てくるはずがありません。

とにかく一番いけないのは、

「………」

です。

以前見たクイズ番組で、

「フリップを白紙で出す人はバラエティ番組に出ちゃダメ!」

と言った人がいました(今田耕司さんだったかなぁ…)

その通りですね!

 

 

 

スピーキング上手は言いかえ上手

 

シーン。

観光地で「写真を撮ってください」と頼まれて撮ってあげました。うまく撮れたか確認したいのですが。さて、英語でどう言いますか? 

「写真がうまく撮れたかどうか確認していただけますか?」

Would you check if the picture was taken well or not ?

!!!

これを言わなくてはならないとしたら、英語やめます…

これを目指したら

「………」

とただカメラを相手に返すだけ。残念ですね。

今月学んだのは、

Is it OK ?

「大丈夫ですか?」

この状況ではこれで十分です。

こちらも習いましたね。

How does it look ?

「どんな感じ?」 

レッスンではサラッと学習しましたが、

実は、how(どう)  look (見える)

を使いこなす日本人は少ないようですね。

Is it OK ?

「大丈夫ですか?」

が言えたら、〇としましょう!

Would you check if the picture was taken well or not ?

は目指さなくてもよし!

Is it OK ?

でよしとする。

 

会話上手は聞き返し上手

 

英会話でよくあるのが、「わかったふり」ではないでしょうか? ハイ、私もやっています(笑) これ、もう卒業したいですね。

聞き返せばいいんですよ!

Sorry ? って!

 

f:id:eigo-learner:20180422185534j:plain

 

Pardon ?

I beg your pardon ?

Again, please ?

Once more, please ?

などはすべてダメです。 

もちろん、出川イングリッシュの

One more, one more.

「もう一個、もう一個」

Say, say.

「言え、言え」

などはもってのほかです!

(出川哲朗さんは好きですが。前出の今田耕司さんも好きです)

 

カンタンですよ!

Sorry ?

って言えば、相手は教えてくれる!

正しく、丁寧なのはこちらです。

Would you say that again ?

「もう一度言っていただけますか?」

目的語の that をお忘れなく。

 

内容を確認したいとき

 

内容を確認したかったら、文末に

right ? をつけると学習しました。

 

This is your umbrella, right ?

これはあなたの傘ですよね?

You are from Tokyo, right ?

あなたは東京の出身ですよね?

 

付加疑問文なんか使いたくなっちゃうんですけどね。

This is your umbrella, isn't it ?

You are from Tokyo, aren't you ?

無理して使うと間違えたり、タイムロスが多くなってしまうので、やっぱり

 right ?

がいいですね。

 

もうちょっと内容が複雑な時は、

上がり調子でこう聞き返しましょう。

You mean ~ ?

つまり、~ですか?

 

You mean you will quit your job ?

つまり、仕事をやめるってこと?

You mean you broke up with her ?

つまり、彼女と別れたってことですか?

 

まとめ

 

つまり、スティーブさんが言う英語が話せるということは、簡単な単語を自由自在に使いこなし日本語にとらわれず言い換えが素早くできるということですね。

そのためには…

やめない!

ことです。

ぜひ、来年の3月までご一緒しましょう!

 

 続けるための工夫↓

www.eigo-memo.com

 

www.eigo-memo.com